Top >  レーシックとは >  レーシックで視力が回復する仕組み

スポンサーサイト

レーシックで視力が回復する仕組み

レーザー治療で視力が回復できるという視力回復法です。

レーシックで視力が回復する仕組みは、意外と簡単で、
近視や遠視は屈折異常によって焦点が合わずピンボケしている状態なのですね。
コンタクトレンズなどで焦点を視力を矯正するのが普通です。

レーシックは角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、屈折異常を根本から治す手術です。
手術後も効果は半永久的に継続するのです。
近視や乱視が進行中の方は、視力が下がることもあります。




スポンサーサイト

トップページ  |  次の記事 レーシックが受けられない人  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6428

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。