Top >  レーシックとは >  乱視のメカニズム

スポンサーサイト

乱視のメカニズム

乱視のメカニズム 乱視は、ために、見え方にばらつきが生じるものです。
乱視の角膜はラグビーボールのように、方向によって度合いが異なるため巣直と水平で結ぶ像の焦点が一致しないのです。
ピントがあって、一方がぼやけて見えたり、双方ともぼやけた見え方をするなど、乱視には、屈折以上の起こり方にいくつかの種類があり、見え方もそれぞれ異なります。




スポンサーサイト

 <  前の記事 屈折異常の原因  |  トップページ  |  次の記事 乱視の矯正  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6442

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。