Top >  レーシックとは >  乱視の矯正

スポンサーサイト

乱視の矯正

乱視は物が二重にぶれたり、TV画面などの縦や横の
方向がぼやけて見えるたりするものです。
縦方向だけか、縦横の双方向が近視のものを、
「近視性乱視」、遠視だと「遠視性乱視」といい、
一方向が遠視で、他方が近視の場合は、
「混合乱視」または「雑性乱視」と呼ばれています。

生まれつき角膜がラグビーボールのようにいびつな形をしている
正乱視は、メガネで十分に矯正できます。
ただし、角膜の表面や水晶体がゆがんでいる「不正乱視」は、
メガネでは矯正できません。

軽い乱視はちょっと目が疲れる程度なので、
とくに不便を感じなければ矯正する必要はありません。

しかし、強度の場合は、どこを見るにもピントが合わないため
常時矯正していないと、目に無理がかかり、
視力低下が起こります。
弱視になる可能性もありますので、早めに適切なメガネや
コンタクトレンズで矯正しましょう。




スポンサーサイト

 <  前の記事 乱視のメカニズム  |  トップページ  |  次の記事 最近のレーシック事情  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6443

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。