Top >  レーシックとは >  レーシックの注意点

スポンサーサイト

レーシックの注意点

レーシックの手術方法は、角膜上皮やその下のボーマン層が温存されるため、術後も短期間で角膜を保護するという機能をはたらかせることができます。
人が受けられるわけではありません。

長年コンタクトレンズを使用している方に多いようですが、角膜の内皮細胞が極端に少ない場合や、角膜が極端に薄い方もレーシックを受けることはできません。
レーシック術後は、クリニックに検診にいきましょう。




スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックで使う機器  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの欠点  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6449

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。