Top >  レーシックとは >  妊婦でもレーシックは受けられるか

スポンサーサイト

妊婦でもレーシックは受けられるか

レーシックは、術後にステロイドの目薬を使って角膜の再生を促します。
そのため、妊娠中や女性は、レーシックの手術後に使う目薬が胎児や乳幼児にどのような影響を与えるのかまだわかっていないレーシックは受けられません。
方で妊娠の予定がある方は、妊娠前に受けないと、その後1~2年はレーシックが受けられない可能性があります。




スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックが受けられない人3  |  トップページ  |  次の記事 レーシックのインフォームド・コンセント  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6432

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。