Top >  レーシックとは >  レーシックを受ける前の不安について

スポンサーサイト

レーシックを受ける前の不安について

レーシック、最近流行っていますが、怖いなーとか思っていませんか。レーシック手術とは、マイクロケラトームという器械で表面部分をつながった状態で残すように切開したあとエキシマレーザーを角膜実質に照射するというもので、このめくった部分をフラップといいます。
人が受けられるわけではありません。
安全ではありますが、その後のケアを怠ると合併症などを引き起こすケースもあるので、自分でその程度を判断せずに、まず眼科で検査を受けてみるのがレーシックを受けることによって将来、目の病気になることはないのだろうか、という不安に関しては、レーシックの歴史そのものが浅いため現在では不明ですが、医師自身も受けている手術ですのでかなり安全性は高いといえるのではないでしょうか。
角膜上皮の細胞がフラップの辺縁から実質層間へ侵入してくることがあり、時には加わることもあります。




スポンサーサイト

 <  前の記事 コンタクトレンズの使い方で起こる障害  |  トップページ  |  次の記事 近視レーザー手術の種類一覧  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6453

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。