Top >  レーシックとは >  イントラレーシックとは

スポンサーサイト

イントラレーシックとは

イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にある。通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成する。
イントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成する。

一方、イントラレーシックは、コンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も綺麗な仕上がりが期待できるといわれている。
イントラレーシックは、フラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能と言われている。




スポンサーサイト

 <  前の記事 緑内障  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの麻酔について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6479

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。