Top >  レーシックとは >  イントラレーシックについて

スポンサーサイト

イントラレーシックについて

レーシックにも種類があるらしい。レーシックは、カンナのようなもので角膜の表面を薄く削るらしいのだけど、イントラレーシックっていうのは、違うようです。
フラップを正確に作ることが可能で、レーシックよりも薄い角膜でも治療が可能らしいけどまだ症例も少なく、デメリットもあるそうです。

・レーシックに比べて手術時間が
・術後のフラップの接着が遅い
・最新のマイクロケラトームに比べて切除面が粗い など。
形態変化を次々と遂げるので、その時に原形質,核が部分的に消失し,場合によってはDNAが変異して残存する可能性があると指摘している専門家もいるそうです。

ちなみにレーシックの先進国アメリカでも、イントラレーシックの普及率は術式なのです。




スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックのインフォームド・コンセントの重要性  |  トップページ  |  次の記事 視力矯正法オルソ・ケラトロジーとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6435

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。