Top >  レーシックと目の病気 >  コンタクトレンズの使い方で起こる障害

スポンサーサイト

コンタクトレンズの使い方で起こる障害

・角膜上皮びらん
表層角膜炎が進み、傷が広く深くなり角膜上皮がはがれる・角膜潰瘍
角膜の傷口から細菌が入り、角膜おできのようなものができる。
失明する場合も
・アカントアメーバ角膜炎
角膜の奥に原虫。
水道水中に存在し、不十分なレンズケアにより角膜に障害をきたすことがある。黒目が混濁する。
何よりもコンタクトレンズを使うことが大切です。




スポンサーサイト

 <  前の記事 コンタクトレンズのトラブル  |  トップページ  |  次の記事 レーシックを受ける前の不安について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6452

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。