Top >  レーシックと目の病気 >  眼精疲労の予防と対策

スポンサーサイト

眼精疲労の予防と対策

現代人に増えている眼精疲労は、生活習慣が原因です。最悪の場合、といわれているため眼精疲労は放置できない目の病といえるでしょう。
コンタクトレンズを使用している人では、それらが目にあっているかのチェックも重要です。
使用状況にメガネをいくつか作って使い分け、目の負担を軽くしてあげましょう。
明るさ、姿勢をチェックしてみましょう。
こまめに休憩をとって目を休め、軽い体操をしてください。空調の風が目にあたるとドライアイを引き起こします。




スポンサーサイト

 <  前の記事 近視の治療法一覧  |  トップページ  |  次の記事 近視・乱視・老眼やその矯正不良  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6456

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。