Top >  レーシックと目の病気 >  眼のしくみと働き

スポンサーサイト

眼のしくみと働き

光線は、最初に角膜で屈折され、瞳孔を通過します。このときに瞳孔は縮小します。

この動きと水晶体は毛様体と連動して、遠くのものに焦点をあわせるときにはときは厚くなってピントを合わせます。

角膜、水晶体と屈折された光線は3番目の屈折レンズである硝子体に屈折された後、網膜に達して像を映しだすということになります。
光を屈折させ、網膜に像を映し出すというしくみが内臓されているわけですが、この段階では、それはあくまで光による刺激でしかなく、「見る」「見える」という感覚であるというわけではありません。




スポンサーサイト

 <  前の記事 近視・乱視・老眼やその矯正不良  |  トップページ  |  次の記事 ドライアイの深刻化  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6458

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。