Top >  レーシックと目の病気 >  眼底出血とは

スポンサーサイト

眼底出血とは

眼底とは、瞳から入った眼球の奥の部分のことで、肉眼で見えるものではありません。この眼底に出血が起こるものを眼底出血(がんていしゅっけつ)といい、「網膜出血」や「硝子体出血」など、網膜から硝子体に出血を指します。
結膜下出血をみて、眼底出血だとあわてる人もいますが、結膜と眼底の血管はつながってせんし、出血の原因も異なります。
眼球内の出血ですが、出血の量自体は微小で貧血などの原因となるものではありません。




スポンサーサイト

 <  前の記事 心因性視覚障害とは  |  トップページ  |  次の記事 眼底出血の原因  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6469

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。