Top >  レーシックと目の病気 >  眼底出血の手術

スポンサーサイト

眼底出血の手術

眼底出血の出血が軽いものなら自然に吸収されることもありますが、出血がひどい場合や硝子体ににごりが起こると視力障害が起こる場合があります。
この場合は、止血用の内服薬が処方されたり、レーザー光での凝固術が行われます。
レーザー光凝固術は、止血部の網膜を焼き固めて、網膜の血流を出血の吸収と再出血を防止させるために有効です。
ゼリーのような硝子体も切除、吸引します。眼球の丸みを保つために必要な組織ですから、切除すると同時に、代わりの液体やガスを注入する必要があります。
出血や術後感染症、角膜混濁、網膜はく離などの合併症に必要があります。
安静に過ごすことです。




スポンサーサイト

 <  前の記事 眼底出血の治療法  |  トップページ  |  次の記事 プール熱  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6474

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。