Top >  レーシックと目の病気 >  プール熱

スポンサーサイト

プール熱

プール熱(ぷーるねつ)とは、咽頭結膜熱のことで、アデノウィルス2型もしくは3型によって、目が充血したり、喉の痛みや発熱、全身のだるさ、吐き気や腹痛、下痢、咳など現れる病気です。
プール熱は、咳、糞便からも感染するため、夏にプールを介してうつることが多く、このような病名がついています。
潜伏期間は、われます。

プール熱を引き起こすのは2型、3型が多く、まれに7型があります。
改善が期待できますが、ウイルス性結膜炎に対する特効薬は現状ではありません。
ウイルスは粘膜から侵入しますから、感染を避けて粘膜を清潔に保つことと、粘膜と免疫力を強化することが大切です。




スポンサーサイト

 <  前の記事 眼底出血の手術  |  トップページ  |  次の記事 飛蚊症  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6475

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。