Top >  レーシックと目の病気 >  飛蚊症

スポンサーサイト

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、硝子体中ににごりがあり、その影が網膜上に映ることにより、目の前には何もないのに蚊のような小さな虫が飛ぶように見えたり、糸くずのようなものがふわふわ浮いて見える症状をいいます。
飛蚊症の多くは、心配はいりません。

飛蚊症は、生理的に硝子体がにごっておきることが多いので、とくに治療の必要はありません。




スポンサーサイト

 <  前の記事 プール熱  |  トップページ  |  次の記事 白内障  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6476

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。