Top >  レーシックと目の病気 >  白内障

スポンサーサイト

白内障

白内障(はくないしょう)とは、水晶体に白い濁りが生じて、すりガラスを通したように視界がぼやけて見える病気です。
白内障が進行すると、視野のすべてがくもり、ものの輪郭がつかめなくなり、わからなくなってしまうこともあります。

白内障は、老人性白内障が多いのですが、老化が水晶体をにごらせるのか、その原因は明確にはわかっていません。
水晶体が白内障を発生させるという説もあります。

白内障は、加齢とともに起こりやすい病気なので、昔は高齢者にとって問題でした。




スポンサーサイト

 <  前の記事 飛蚊症  |  トップページ  |  次の記事 緑内障  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6477

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。