Top >  レーシックと目の病気 >  VDT症候群とは

スポンサーサイト

VDT症候群とは

VDT症候群とは、OA機器を扱うひとたちの間に不快感を訴える人が増えてきたために、定義です。
「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル=モニター画面・画面表示端末)症候群」は、テクノストレス眼症ともよばれ、パソコンや症状です。
(→眼精疲労の改善)
VDT症候群の主な原因には、3つがあげられます。
・OA機器への不安・緊張

・不適切な環境(姿勢、照明など)

・目の酷使による疲労




スポンサーサイト

 <  前の記事 眼精疲労のホットとアイスパック  |  トップページ  |  次の記事 VDT症候群の予防と対策VDT症候群は、悪化すると仕事に支障をきたします。専門医に早めに相談しましょう。  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/6466

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で失敗しないために・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。